ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

『君の名は。』のあの歌のあの歌詞で。

つい先日、やっとこさ『君の名は。』のDVDをレンタルして観ました。


あらすじをほぼ知らずに観たので、新鮮な気持ちで楽しめました(^^)


映画はとても素敵でした。


知っていた記憶が次の瞬間に『あれ?なんだっけ…?? 確かにあったのに、何なのかが思い出せない!』って感覚が、あ〜!すごいわかる!と思いました。


だから私は無くなる前にポンポンとブログに書くようにしてたりします。

でも書き始めようとした時には『あれ…?あの感情、どんな感情だっけ……??あれ?一瞬前までしっかり文章が頭にあったのに…』ってなったりします。


君の名は。』で1番心に残ったのは、RADWIMPS前前前世の歌詞です。


ストーリーじゃなくて歌の歌詞かよ!って感じですよね。ごめんなさい。


確か劇中では流れてなかったけれど、
娘が学校行事で使用するらしく、たまたま続きの歌詞を知りました。


『君は僕から諦め方を奪い取ったの』


これ、すごく素敵ですね。
このワンフレーズに、とても胸を打たれました。


諦め方が自分の中から一切なくなるほどの存在って、すごいですよね。


全てが叶っちゃうって事ですもん。
その人がいるだけで。


もうどこであろうと存在していてくれるだけで、顔を上げて生きていける感じがします。


その『存在しているのか』が定かじゃないから、探したくて仕方なくなるんじゃないかなぁ。


自分に置き換えてしまってるだけかもしれないてすけどね。


『いてもいなくても、あってもなくても私は私なんだ。私には私がいる。幸せを感じられる。』


ここ二か月くらいの間でこの感情に辿り着いてから、あまり何かを探さなくなりました。
心の大暴走がほとんどなくなりました。


見つかるのか見つからないのか、生きていってみないとわからないから、不安を次の一瞬に持ち込まないで、その時その時を考えようって思うようになりました。


焦りがなくなった感じですね。



でも同時にスッカラカンのポカーンって感じにもなってしまって。
『何すればいいかな…?ああ、別に何もしなくてもいいんだ。ただ自分の好きな事やろう』ってなって、
漫画一気に読んだり、思いっきり掃除したり、子供と遊ぶ事に全力尽くしたりしています。



それでも時折、泣きたくなるくらいどこか行ってしまいたくなる衝動がまだありますね。

その衝撃に振り回されなくなりましたが。


『物事は全て決まっている』って考え方が、以前は『全部決まっちゃってたら、たまんねーよ!!チクショー!!!』みたいな感じだったんですが、
今は『全部決まってるなら、信じて全力で行ってみよう!』って感覚になってます。


運命は変えられるのか。
運命を変えられる運命なのか。


大っきな矛盾に正しさを感じとれたら、迷いってなくなるのかなぁ。なんてちょっと知った風な感じで考えてしまったりしました(^^)


読んでいただいて、ありがとうございました。