ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

いつかきそうな『不確かな未来』の為に、今を生きるのをやめる。

いつか『やってきそうな』不確かな未来の為に、今を生きるのをやめる。


何かを怖がってしまった時、気持ちを自分の中から出さない。引っ張られない。それにくっつけてしまわない。


思い出を考えず、未来を予想せず、今のこの瞬間の感情を自分で選ぶ。
選択する。


どうしてもこうならない日々の中で、どんな風に自分を保つかを決める。
その都度。その瞬間ごとに。


まだ気をつけていないと簡単に飲み込まれてしまう。

簡単に、自分自身のみじゃなくなってしまう。気持ちが。感情が。


けれどそれに気がつくのは、ずいぶん早くなった。
軌道修正が迅速になった。


あらかじめ予想している、いずれくる未来に行くためじゃなくて、
目の前の瞬間だけを繋げていって、いつの間にか『考えもしなかった未来』に来てしまっている為に、私は軌道修正する。


決まった線に戻るためじゃなくて、
自分自身の点でいるために。


その点を、感情で繋ぐ。


喜怒哀楽を選んで繋ぐ。


川の向こう岸に渡るのに、どの石で選んで行くか決めるみたいに。


『自分』というモノを動かしながら。


自分が何もかも全てをどうにかできるなんて、それこそ思い上がりだと思う。


ちっちゃな点の置き場しか決められなくて、
その点の明るさしかきめられないと思う。


だけどそれで全てが決まる。


不思議だけど、矛盾してるけど、いつも上手く伝えきれないけれど、そうやって出来てると思います。モノゴトは。 


個人的に思ってることですが。


読んでいただいて、ありがとうございました。