ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

『バシャール スドウゲンキ』

こんにちは。なるよです。


私はよく図書館に行きます。


前は全く気にならなかった本を急に借りてみる気になって、それがとても興味深かった…という事が時折あります。


この『バシャール スドウゲンキ』もそうでした。


今まで借りる気すら起きなくて、
2か月くらい前に一度、なんとなく借りたものの、読まずに返却しました。
その頃の私は、ちょうど『急がなきゃ!!』的な感覚が強くて、焦っていて、
本より何かしなきゃ!でも、これってめっちゃ焦ってる状態だ!と、自分の中が大騒ぎの時期で。


それもとても落ち着き、先日図書館に行った所、またこの本が目に止まりました。


『今なら読みそうな気がする』


そう思って借りて帰り、すぐに読み始めました。


面白かったです。


スドウゲンキさんの質問の仕方が、とても身近な感覚で、難し過ぎず、
『あ、そういう言葉で質問してくれてありがとうございます』って感じでした。


私はスドウゲンキさんに全く詳しくないのですが、
とても素敵な方だなと思いました(^^)


この本の中の、『自分自身になっていいんだよ』という言葉が、とてもとても印象的です。


読んでいただいて、ありがとうございました。