ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

『なんで私は』をやめる。

『なんで私は』をやめる。


自分を受け入れてから、
『なんで私は』と自分に問い詰めるのをやめました。


いっぱい出てきます。

ちょっとした時に『なんで私は』の多かった事に、初めは驚きました。


以前、何かで聞いた話です。


潜在意識って、自分の思考の質問の答えを、見つかるまで探すんだそうです。

探し物の場所が思い出せなくて、次の日の仕事中とかに急に思い出す事ってありますよね。


『なんで私はこんななんだろう』
『なんで私は幸せじゃないんだろう』
『なんで私は嫌な奴なんだろう』


懸命に答えを見せてくれます。


『こうだから不幸なんですよ』
『こんな感情を持ってるからですよ』
『こんな自分』を見せてくれます。


あなたの質問の答えです。


でも実際に自分を不幸にしているのは潜在意識でもなんでもなくて、
自分で『なんで私は』の答えを必死に探してるだけなんです。


無意識が出した現象を、『だから私は不幸なんだ。なんで私はいつもこうなんだろう』って自分でまた繰り返してます。


すごく怖かったです。
『なんで私は』をやめるのは。
嫌な事が起こった時に、感情の拠り所が無くなりますから。


だから変わりの言葉を探そうと。


『今、この瞬間、幸せの方を向く』


ここがどこであっても
一瞬前がどんな現状でも、
幸せの方を向く瞬間を繰り返していく。


落ち込んだ事も傷ついた事も、自分を責めた一瞬前も、遡って書き換える事は絶対にできないから、

この瞬間から向く。


明るい方か暗い方か、幸せな方か不幸な方か。


2択。ど真ん中に自分。


どれだけ『この瞬間』に明るい方を向くと決める事を、続けてゆけるか。


これ、すごく良いところがあって、
失敗してまた『なんで私は』って思っても、
すぐ次の瞬間にやり直せるんです(^^)


一瞬で。何度でも。生きてる限り。


『なんで私は』って言い続けていると、
そこが落ち着く場所になっていたりします。


いつもの場所。いつもの椅子。いつもの景色。


その、体の向きだけ変えて見ませんか。
椅子の向きを変えて見ませんか。


景色が変わると思います。


どんな景色かは、向きを決めるあなた次第です。


八方が塞がってしまっていたら、上を向きましょう。
初めから、上だけ見てしまってもいいのかもしれない(^^)


読んでいただいて、ありがとうございました。