ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

BUMPの曲とツインソウル的なもの。

こんにちは。なるよです。

皆さんBUMP OF CHICKEN、ご存知の方もたくさんいますよね。


私は熱狂的なファンではないのですが、彼等の楽曲に助けられた1人です。
1年前は、本当によく聞いていました。


『自分を助けたい』『助かりたい』と願う人の前に、すごいタイミングで、ど真ん中の言葉を流してくれる方達ですね。


そんな風にして自分の現在位置を確認できた方が、きっとたくさんいるんだと思いました。
不思議なバンドですね(^^)


作詞作曲されている藤原基央さん、曲を聴きながら『あれ?この人…』と思った事があります。

完全に私の主観なので、真実かどうかはわかりません。ご承知下さい。
でも同じ事を感じた方が沢山いて驚きました。


『この人…… 誰かを探してるんじゃないかな?』

ツインソウルというか、会うと決まってる人を探してるというか…。


ご自身が自覚ありか無意識かわかりません。
そして探しているのか、色んな人の目を覚ます役割なのかも私にはわかりませんが、楽曲を聴いていて凄く思いました。


皆さんそれぞれに色んな曲で、その事を感じたとおっしゃっていますが、私が強く感じたのは、


トーチ』『グッドラック』『ray』『宝石になった日』『embrace』『飴玉の唄』です。


特にトーチとグッドラックは、生まれてくる前からの話をしている様にしか聴こえなくて。


他のたくさんの曲を聴いていても思うのですが、生まれる前の記憶や感覚がある方なのでしょうか。


それがハッキリとはわからなくて、掴めなくて、もどかしかったり苦しかったり切なかったりするのかなと。。。


自分自身でもわからないけれど、そうである事は何故かわかっている歌に聴こえる事が多いです。


その中でも『でも、生きていかなきゃ』って歌っているように感じます。


それとも、そういう物語と設定して書いてらっしゃるんですかね。

どちらにしても、色んな人の『心の中のずっと奥に閉じ込めたもう一人の自分』の悲鳴的な叫び的な、代弁してくれてる様な……。


ちゃんと自分の心の声を聞こうと思わせてくれる歌詞ですね。


でも最近の楽曲ではなんだか『あら?もしかしたらもうお会いになったのかな?』とか『無意識から、自分はそういう魂を探してるのかもって気がついたのかな?』とか、そんな風に思う事が多いですね。


もう、超絶的に私の憶測で、ご本人からしたら『ちげーよ!!!』ってなるかもしれませんが(^_^;)


過去の記事にも書きましたが、私は小さい頃から、ツインソウルって言葉を知る前から、
何か探してる感覚が強い人間なので、

もうトーチとかグッドラックとか聴くと、実際に胸が痛みます。『イタタタタ』ってなる時もあります。
それで、普段淡々としていられる『探してる何か』への感情が大暴走しそうになります。


だから最近は、聴くのに勇気が入りますね(´エ`)

一旦感情が騒ぎ始めてしまうと、落ち着かせるのにかなり手こずるので💦

もし作詞されてる藤原さんが、本当にツインソウル的な人を無意識にでも探しているとしたら、お会い出来るといいですね✨
今は会えないのだとしたら、胸の痛みが少しでも和らぐといいですね。
もうお会い出来ているなら、これからのご活躍はますます楽しみですね♪


しかし『3月のライオン』とBUMP OF CHICKENがコラボして、3月のライオンがアニメだ映画だ〜と盛り上がって(すみません、私は観てないのですが)いる時に、藤井四段が出てきて、現役中学生棋士じゃないですか。
きっとそうなると自然と3月のライオンを見る人も更に増えて、そうするとBUMP OF CHICKENに触れる機会が増える人達がいて…。


なんだかこの方達、物凄いシンクロニシティがバンバン起こっている気がしました。


最近は、おずおずといいのかなぁ〜なんて書いていた、目に見えない感覚の事も、あまり怖がらずに書ける様になったなぁ〜と、私本人は驚いています(*´∀`)


私は『見えます聴こえますわかります』ってタイプじゃなく、
霊感もあるような無いような…
あるとは言われるけれど、自覚なし…なので、そんな人が何か言ってるなぁ、くらいで読んでいただければ幸いです。


BUMP OF CHICKENのファンの方で、お気持ちを害された方がいたらごめんなさいね。


でも私も書きたい事を書きたくてブログをやっているので、私のブログ内の自由はお許し下さい。


読んでいただいた皆様、ありがとうございました(^^)