ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

私の勇気はカスみたいなもんだ。

『一体私は何がしたいんだろう』
そう思う人って結構いると思います。


私は何ヶ月後、何年後の為だけに毎日を過ごしていると、苦しくなるタイプの人間です。
最近気がつきました。


その、いつどうなるかもわからない『何年後』の為に、今の時間をムリヤリ耐え忍ばせている気持ちになってしまいます。(根性というものがないのかもしれません。)


けれど『こんな風になったらいいな』という思いはあって、今日を自分なりに納得して過ごしていき、それが積み重なっていった結果が、そうなっていれば幸せだなぁと思う様になりました。


でもこれまでの『危険回避』『警戒心』
『恐怖心』はまだまだあって、『どう過ごすべきか』で日々を過ごしてしまったり、
少しサボったり面倒くさがったりすると、罪悪感の様なものが出てきます。
無意味に不安になったりもします。


ただそれを『あ、今そんな暗めの気持ちになってるな』と隣にいる人を見るみたいに思えるようにはなりました。


そして、毎日自分を満足させる、納得させる為に躍起になって、疲れてしまって、また『よーし!やるぞ!!』って躍起になる繰り返しに疑問を感じました。


『満足しなければいけない』と、思い込んでいる気がしました。
焦っているんでしょうね。
何にかは自分でも掴めないのですが。


『毎日を納得しきって満足しきらなきゃ、なりたい自分になれるわけなんかない』
そんな焦りの様な気がします。


結局、その何かの為だけに毎日を過ごしてしまっていました。


私はこれまで所々で勇気を出してきたつもりだったけれど、きっと全世界の色んな状況からみればカスにもならないほどの微々たる勇気です。


自己否定をしたいワケではないですよ(^^)


その、カスにもならない勇気だけれど、私の内面は様変わりして、納得も満足もいかない毎日がありがたいなって思えるようになったんです。


今も時折大暴走しそうになる感情を、受け止められる様になったんです。


ほんの、ちょっとだけの勇気です。
でも私には崖から飛び降りるくらいの勇気でした。


何を話したかったかと言いますと、
勇気って、ほんの少し出すのにも物凄く勇気がいる。
だけど、ほんの少しでも、物凄いパワーがあるって事です。


勇気は元から誰にでもある。
これは絶対に。
『良くなりたい』とか『憧れ』とか『夢』とか『信じる気持ち』とか、そういう明るい自分に繋がりたいと思う気持ちを、勇気って呼んでもいいんじゃないかなと私は思います。


そして、必要なのは『勇気を出す勇気』


勇気を出したり、自分の勇気を信じたりするのに、1番必要なのは『勇気』ではないでしょうか。
強さや我慢や忍耐ではなく。


自分の中に元からある勇気をどれだけ信じられるか。
信じようとする気持ちを、勇気って呼ぶのかもしれないなぁ…って、勝手に主観で思った私でした。


カスみたいな勇気でも、素晴らしくなれると思います。
ほんの欠片でも出せたらすごいことだから。


ちょっと勇気を出せた自分だと思えるなら、この毎日に何かを焦る必要なんてきっとないんだなと思いました。


読んでいただいた皆様、ありがとうございました(^^)