ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

出来ない自分を、愛する事が出来ないと。

誰かに辛いって言うと、なんだかズルしてる様な気になってしまって、
少し体調が悪い時、気持ちが落ち込んでいる時、なかなか出せなくて葛藤する時があります。


昔の、依存ばかりしていた自分が、
誰かにわかってほしくてたまらなかった自分が、悲劇のヒロインぶっていた自分が頭をよぎって、
少しの事で愚痴ってしまうと、その情けない自分が全部バレてしまいそうで、怖いんだと思います。


勇気を出して口にしてみると、優しい人はたくさんいて、
でもそれは『聞いてほしいだけ』だからなんだなぁと思います。


自分で抱えるつもりが、しっかりある。
自分の問題だって、ちゃんとわかってる。
それでも溜めておくと苦しいから、少し出させてもらう。


スルーしないで『いったん受け止めてくれる』事だけで、いつも『ああ、また頑張ろう』って思います。
『わかった様なつもりになってても、私はまだ全然愚か者なんだな』って安心します。


前は欠陥ばかりの自分が、嫌な部分がある自分が嫌いでした。
『こんな嫌な事考えると、良い事なくて当たり前だ』って、なんかいつも凹んでました。


でも正しいそうな事ばっかりしてたら、良さげな人でずっといようとしてたら思いました。


『これはこれで結構きっついな…』


素晴らしさばっかり求めて、そうなろうとばっかりすると、ルールみたいになって、義務みたいになって、自分を大事にする為に素敵になりたいと願うのに、全然楽しくなくて、自由じゃないやって思いました。


油断して足元すくわれるのを、まだ怖がっている私がいます。


でもそれでいいやって思いました。


怖いもんは怖い。
出来ないもんは出来ない。
でも自分の中に、何かやりたい気持ちや言いたい気持ちが見え隠れするなら、
その感情を待ってられる私でいられる様に。
怖がられない私でいられる様に。


もうそれしか出来ないやって思いました。

そしてまた、しばらくすると色々考え出すんだと思います(^^)


その繰り返しの日常を好きになっていく事で、私はもっと幸せになれるんだろうなと思いました。


読んでいただいた皆様、ありがとうございました。