ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

誰かを嫌いなポンコツ。

誰かを許せない事、
誰かを大嫌いな事、
誰かを受け入れられない事、
誰かを消してしまいたい事、
そしてそれが苦しい事。


それでいいと思います。
仕方ないと思います。


きっと、無くなる様にいつもいつも戦っているでしょう。
無くなってくれなくて、余計に頭から離れないでしょう。


それは仕方ないんです。多分。
『仕方』が『無い』んですから。
やりようがないんですから。


それでも苦しいって事は、
それには従いたくないって思ってる。
黒い感情に支配されたくないって思ってる。


もう、十分ですよ。
誰にも迷惑かけず、自分の責任で、自分の中だけで誰かを嫌いになる。
それ位、許してあげませんか?
それ位、許してくれませんか?


私だって絶対に誰かに嫌われている。
私にだって、好きになれない人がいる。


でもそれが、その誰かのせいじゃなくて、自分の事情だって思えるなら、
そんなに自分を悪人にしなくてもいいと思います。

例え対象が親だったとしても。兄弟だったとしても。恩人だったとしても。正しい人だったとしても。


こんな風に書いて、私は自分が許されたいのかもしれません。
私は全ての人を平等に均等に好きになれる様な人間ではないから。


そうじゃないと素晴らしくなれないなら、
私はポンコツのままでいたいです。


誰も攻撃しないけど、誰にも攻撃されない。
嫌いな誰かに、嫌われて構わない。
嫌いはするけど、憎みはしない。
気持ちの整理がついたら、心から消えてくれていい。
そうなってほしい。そうする。

誰かをどうしても強く強く嫌悪してしまう自分を、真正面から認めないとずっと考えてしまうから、書かせてもらいました。


私は、誰かを受け入れられない自分を、それを受け入れる自分を、『グッジョブ!』って抱きしめます。


だってこの文章読み返した時に、私を好きでいるのって、きっと私くらいしかいないですもん(^_^;)


自分の平和を守る為に誰かを受け入れない事は、攻撃じゃなくて、争いじゃなくて、自分への愛情だと思います。


憎しみや妬みからではないから、私はその感情を尊重します。


ふぅ…。書いていてすごく軽くなりました💦💦


読んでいただいた皆様、ありがとうございました!