ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

ごほうび的な、コトワリ的な、バランス的な何か。

弱音を吐かないぞって決めると、

受け入れるぞって決めると、

そのままを認めるぞって決めると、
 
愚痴らないぞって決めると、

確かに穏やかに過ごせるけれど、
なぜか急に独りぼっちな気持ちに襲われる時がある。


決まって少しトラブルがあったりして。

決めた事を守れるか守れないか、
ギリギリのラインで私を試してくる。


言ってみてしまう事がある。

軽いノリで、少し口に出してしまう時がある。

そうすると、ちょっと『言わなきゃよかったな…』って気になる事が多い。


言いたくなる前に、外に出してしまう前に、
よく自分と会話する。

『これはこれでいいんだよ』って。

『それでも辛い気持ちは、全部聞くよ』って。

後は必要最低限の情報しか、外には出さない。

事実だけ。起こった出来事だけ。

そうすると不思議ですね。

言わないって決めた事、でも誰かにわかって欲しい事、言ってもらえると心が軽くなる事を、言ってくれる人がいる。

そしてすごく楽になって、『持って行ってくれた』感じになる。スッキリする。

普段はそんな事言わなそうな人だったりして、
そんな時に、ちょっとカミサマ的な、フシギ的な…を感じたりする。

『ああ、ちょっと頑張って良かったな✨』って気持ちになります。


『ありがとうございます』って気持ちになります。

そしてそんな私を見て、主人はまた眉間にシワを寄せながら、半分は冗談で引きながら、もう半分は本気で『大丈夫かコイツ…』って思いながら、でも結構笑って見物してます。

正反対でも、結構成り立つものですね(^_^;)

それもバランスなのかもしれない☆


読んでいただいて、ありがとうございました。