ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

ホ・オポノポノ、私の場合。

こんにちは。なるよです。

ホ・オポノポノ。
耳にしたり、目にした事のある方も、多いのではないでしょうか?


私が自分嫌いをなくす為にやった事は、ホ・オポノポノしかありません。


これ1本!もうひたすら。


今日は、その話をさせて下さい。


きっかけは少しの偶然でした。
ホ・オポノポノと出会ったのは7年前です。


何かのフリーペーパーに少しだけ書かれてあったのを読みました。
もうほんとにただ単純に、やり方だけ紹介…ぐらいの内容で。


自分の性格だけじゃなく、人間関係、家族関係、夫婦関係、生い立ち…色んな事でパンパンになっていた私は、何となくやってみようと試す事にしました。


スタートは、全然はかどらず…
全くはかどらず…
3日後に思い出すとかも普通にあり★


毎日忘れていて、強く嫌な思いをしたり、向き合いたくない事があった時に思い出してやってみる…くらいでした。
心が軽くなる感覚なんて、当時はまるでなかったです。


途切れ途切れ思い出せた時に…そんな感じでやっていて、少し経って本屋さんで書籍を見つけて読んでみたり。
始めの1冊は、話の内容は理解できるっちゃできるけど、まっっったく腑に落ちる事はなく(笑)

むしろ『おいおい、ちょっと説明が… アバウトすぎじゃないでしょうか……?』
くらい思ってました。ほんとに。
なんとか気持ちを奮い立たせましたが。
スミマセン…。。


それでも実践していたのは何ででしょう?
手軽さは間違いなくありました。
あと、自然と広まっていってるもので、強引さを感じなかった。
やって効果がなくても、損する事がないって感じたら、怪しさも感じなかったです。


ただ、人によっては目に見えない感覚の話自体を、怪しい、変だと思う方もいると思うので、何をもって損か怪しくないかは人それぞれですが。


そんな風に、続いてる様な、続いていない様な中でも、日々の生活の中で感情は動いていて。


こういう感覚のパターン、多いなぁ。
これをこれからも耐えていかなきゃダメなのか。
ここで引いたら心が死ぬ。
これは放っておいたらいけない問題じゃないか。


そんな出来事が増えていきました。
簡単にいうとトラブル、衝突、怒り、憎しみ、我慢、歩み寄り…


今までは全部仕方ないと思っていた事。
私はこんなもんだと思っていた事。
なんでこんな人生なんだろうと苦しくても、しまい込んでいた事。
それがホ・オポノポノがきっかけで向き合い始めたのかは、何の証拠もないのでわかりませんが、私は確かに少しずつ目を向け始めました。


思い出してはホ・オポノポノ。
まだまだ日常的にはならないけど、前よりは少し意識的にホ・オポノポノ。
いっぱいいっぱいで頭から抜ける時があっても、前よりは出来てる。


私はなんでこうなってしまったんだろう?
変わるにはどうしたらいいんだろう?
どこまでいったら変わったっていえるんだろう?
一体どうなりたいんだろう?


こういう気持ちもクリーニングなのかな。
やっていってほんとに変わるのかな。
変われないのはなんでなのかな。


書いていて思ったけれど、いつの間にか少しずつ前向きになっていますね。
微妙な変化だけれど。


嫌な事もだんだんはっきりしていきました。

うまく嫌だと言えなかったり、自分を言いくるめたりするけど、
『これは嫌な事なんかじゃない』と、無かった事にはしなくなっていった。
感情を見てみぬフリする事が減っていきました。


この頃には、気がついたらなるべくホ・オポノポノ。でもまだまだいつもって程ではない、くらいでした。


ここまでで4年前後かかってます。
今の自分は、まるで想像できなかった。


自分を好きになるにはどうすればいいのかな?
幸せって、本当になれるものなのかな?
これは幸せといえるのかな?
もしかしたらなれるのかもしれない。


そんな時にドカンと衝撃的な事がありました。
また気持ちが暗く重く沈んで、
私ってなんなのかな…から始まり、いつまで繰り返せばいいのかな…となり、
『もう、先に決める!自分を好きになる!』と思ってからは、過去の記事の色々…の通りです。


心が浮び上ってくれるまでのその間、ずーーっとホ・オポノポノしてました。
もうひたすら。


ほんとに1つ1つ。

長くなってしまったので、続きはまた次回に書かせて下さい。
ご興味のある方は、見てやって下さい(^^)


私はインナーチャイルドが見えるわけではないし、全てがホ・オポノポノの効果と断言は出来ません。


だけど私が自分を探して助け出そうと決めた時、取り戻そうとした時、その中で潰れそうだった時、支えになったのはホ・オポノポノが中心でした。


だからオススメ!という話ではなくて、
何でもいいと思うんです。
好きなアーティストでも、その中の一曲だけでも、映画でも、誰かの一言でも、本やドラマのセリフでも。

それが自分の支えになれば。

自分の心が浮上するまで、それを感じるまで、必死で懸命に自分を支えるツールになれば。


自分を好きになるなんて、絶対無理に感じていた。
そんな要素をまるで見つけられなかった。

それでも私は、自分を受け入れる事ができました。
大事だと思える様になれました。


どうか一人でも少しでも、自分の存在ごと認められない気持ちが消えますように。


嫌な自分もダメな自分も、それも自分だと思えますように。


長ーい文章、ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!