ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

息子の『おなかにくるまえのはなし』

ちょっと不思議で泣いてしまった出来事がありました。


私には2人子供がいて、お姉ちゃん、弟です。
私はお姉ちゃんの妊娠中から、『子供は絶対に女の子がいい!』と強く強く思っていました。

というのも、私は親族、父、兄を見てきて、男性に対して物凄く複雑な思いがあります。
それに気がついたのは、二人目を妊娠して、男の子だとわかった時でした。

自分でも驚くほどショックで、怖くて、お腹にその子がいるその体で、帰り道の車で1人で泣いていました。

私に男の子が育てられるだろうか……
こんな私が育てたら、あの人達の様になってしまわないか……

尊い命にそんな事を思ってしまう自己嫌悪、でも抑える事が出来ないくらい湧き上がってくる恐怖。


だけど何とか気持ちを前向きに前向きに持っていって、生まれたその子は、驚くほど愛おしくて、お姉ちゃんもその子も同じ様に私は愛していて、とても嬉しかったです。


男の子はママっ子と言いますが、例にもれず超ママっ子で、
お姉ちゃんもママっ子だったから慣れているつもりでしたが、2人いるから尚更大変で。

情緒はとても安定している子でしたし、幼稚園にも一度も泣かずに行き、先生達にもいつも楽しそうと言ってもらえていたのですが、私の中で罪悪感が消えないのでしょうね。

時折『お腹にいた時にあんな事を思ってしまったから、今も不安になったりするんだろうか……』なんて思ったりしていました。

だけど罪悪感を持ち続けて接していると、良い影響はないと思ったので、棚に上げる様で心苦しかったですが、目一杯の愛情や安心を見せる事でしか、そんな事思ってないよ、という事を伝える事は出来ないと思っていました。


寝かしつける時に、時々何かの折に話すのですが『ママの所に来てくれてありがとう』『ママをあなたのママにしてくれてありがとう』『あなたが生まれてくれて、ママはとっても嬉しいし、楽しくなった』

いつもと同じ様に話していました。

すると息子が大号泣をし始め、私に言いました。


『ほんとーは、どうしよーかなーって迷ってた…』
泣きじゃくりながら言うのです。

衝撃と同時に、ピンときた私は
『何をどうしようかと思った?』と聞きました。

『このママがいーなーっておもったんだけど、いってへいきかなぁって………』


私の顔はグシャグシャになりました。
涙が止まらなくて。
でも、素知らぬフリはしたくなくて。

『そっか、そうだったんだね。このママは大丈夫かなーって、心配だったんだね。そうだよね。でもね、ママはあなたがいてくれて、毎日本当に嬉しい。良い子のあなたが好きなんじゃなくて、どんなあなたでも絶対に好きなんだよ』と伝えました。


グシュグシュ泣いていた息子は
『ほんとうのことをきいてくれてありがとう。ずっといっしょだもんね。』とニコッと笑いました。


そしてしばらくすると、話した事も忘れているような感じでした。


いつも、ママは僕の事が好きだと自分で言っているくらいなので、びっくりしたのと同時に、お互いの間に残っていたわだかまりを解かす瞬間をくれた息子に、感謝してもしきれません。


本当かどうか確かめる術はないですが、お腹の中にいた時の記憶、お腹に入る前の事を話し出すお子さんは、とても多いそうです。


以前に『お腹にくる前の事を覚えてる?』と試しに聞いてみた時は、『?????』という感じだったので、尚更驚きました。


もう、これは感覚の話なので、上手く伝えられませんが、『謎が解けた』ような、『ほどけた』ような、何かが軽くなった感じがお互いにあった気がします。


私が都合よく考え過ぎかもしれませんが。
許されたなんて、思ってはいけないと思いますが。


本当はお腹の中にいた時の感情を、感じずにいてあげられていたら…と思うと、私はこの話をポジティブに考えてはいけないのかもしれません。
息子が本当に私の感情の事を話していたかの詳細もわかりません。

でもこれまでに自分を修復してきた中で、
ごめんねや罪悪感は連鎖を生むと実感しました。

親から子への苦しい思いの過去は、繰り返さなくていい。

だから私は、ごめんねは自分自身の中で受け止めていって、ありがとうを出来るだけ伝えていく事に決めたんです。

とはいっても毎日の子育てにイライラしたり、怒ってしまったり、絵に描いたような理想の母親ではありませんが、毎日ゲラゲラ笑いがあります。
私を母親として、慕ってくれています。

今は抱っこも一苦労なくらい重くなりました。
大きくなってきて、だんだん抱えきれなくなってきました。

私はこの抱えきれないほど貰った愛情を、めいっぱい幸せだぞって所をみせて返していけたらいいなと、思っています。

さあこの私で、ここからまた、どんどん幸せにならなくちゃ。見てもらわなくちゃ。
あなたがいてくれて幸せだという事を。


読んでいてご不快に思った方もいらっしゃるかもしれません。


ですが、読んでいただけた皆様、本当に、ありがとうございます。

そして2人共、生まれて来てくれて本当にありがとう。