ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

夫の不倫で自分を責める妻たちへ

こんにちは。なるよです。

今日は、ご主人の不倫でお悩み中の奥様に、お話をさせて下さい。


まず、大丈夫ですか?
ちゃんと泣いていますか?
一人で泣ける時間や場所はありますか?

お子様が入園前だったり、お仕事をされていたりすると、日々に忙殺されて、心が麻痺していっていませんか?

『絶対に泣くもんか』なんて、肩肘張る必要なんてないと思います。

どれだけ考えても、苦しくても、努力しても、事態が何も動いていない様に感じてしまう事がある。

その時に泣きたくなるのは当たり前です。
そうやって、あなたは自分自身を保っている。

その事をしっかり知ってる人間がいますって事を言わせて下さい。
あなたは恐らく、もう限界なくらい頑張っている。


不倫された妻は自分に責任を感じて、自分を責め過ぎてしまいがちだけれど、
夫婦2人の間の事です。
色んな反省はもちろん必要だけれど、自分を悔やみすぎて、悪者にし過ぎないようにして下さい。


次に、ご主人の不倫を暴いて懲らしめる『不倫』にのみ焦点が当たってはいませんか?

本当は、今の苦しみや怒りの中に、これまでの人生で感じた苦しみや怒りが入っていませんか。

自分のコンプレックスや悪い所が、この不倫であなたを苦しめていませんか?

私のこんな所が主人を不倫に走らせた。
私がこうだから、魅力を感じないんだ。
私が私だから、違う人が良くなる。

そんな自分を否定するような気持ちのみになってしまっていませんか?

どうするべきかばかり考えて、どうしたいかを横に置いてしまってませんか?


あなたには夫婦間で悪い所があったのかもしれない。
それでも言い分がたくさんあって、なかなか認められないかもしれない。


ももう十分に傷ついているでしょう?
たくさん傷つけたりしたことも、あるかもしれない。


休める時は、ほんの少しでも気を抜いて。
目をつむったり、空を見たり。星を見たり。

不思議とそれだけで涙がまた出てくるけれど、ただただ泣いてみて。
なるべく色々考えないで、『私は今泣きたいんだ』って事だけで泣いてみて。

色んな事に傷つけ傷ついただろうけれど、
それだけ自分を背負える人が、極悪人のわけない。


うまくいかなかった。
でもそれは誰しもにある事。
みんな間違える事。
やり過ぎて後悔する事。
イラだつ事。
嫌になる事。
自分ばかりになる事。


後になって気がつける事。

気がつけてる。大丈夫。
毎日それだけ考えているから。


新しい関係のスタートになるかもしれない。
新しい環境のスタートになるかもしれない。

まだまだ解決する気配はなくても、
解決したい思いを持っている。 


だから大丈夫だと思います。
あなたの強さ、ひたむきさ、勇気に、めいっぱいの拍手を!!


いつもありがとう。
いつもごめんね。


誰かの代わりに伝えます。


ありがとう。あなたが笑えば嬉しいです。


読んでいただいて、ありがとうございました。