ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

不倫で困ってる、既婚男性に告ぐ。

こんにちは。なるよです。
今日は主に不倫をしている既婚男性向けに書きます。
本当に有名人の不倫話が多いし、私のまわりでもご主人の不倫話、あります。


マスコミの様に男性を責めたいから書くのではなく、独身の頃の不倫、夫のW不倫(同じ相手に2回、2回目は相手を助けたいから離婚してほしいと言われました。)、経験者として、女性側がプライドや惨めさなどが邪魔をして、なかなかさらけ出せない本音を知ってもらう機会になればと思い書きます。

両方の辛い気持ちは、十分にわかってるって方も、種類はわかっても、深さは目の当たりにしたことはあまりないのでは??


私が書くことが全てのケースでは無い事は重々承知していますが、自身の経験、周りの経験者の話、奥様や不倫相手の方との関係を考えるのに、参考にでもなれば幸いです。

想像通りか、予想以上か、では、参ります。


まずは妻、彼女、共通として、当たり前のことですが、すっっっっっごい苦しいです。
特にお子様のいる奥様は『生き地獄』だと思います。

子供の為を思うと、逃げ出せない。
その子供は二人の子供なのに、一方的に背負わされている感覚。
でも絶対に傷つけたくないから、笑うんです。

女としても人間としても、全否定された様な気持ちの中、なんとかなんとか毎日自分を立ち上がらせて、どこにも寄り掛かる所なんかなくて、毎日朝が来るのが、目が覚めてしまうのが苦しくて、仕方ありませんでした。

ゴールが見えなくて、でも引き返す場所なんかなくて、自分が家庭を守らなくては!!って夫婦二人で背負うものを一人で抱え込んだ気持ちになって。

気が狂いそうって本気で思いました。
のたうち回るって事を体感しました。
だけど私は『母親』だから。逃げない。逃げたい。逃げる場所なんかない。
逃げる事は許されない。だって、守りたいから。だけどあの人は拠り所を作ってる!

妻からしたら、あなたと不倫相手は『二人』です。孤独な中、あなたたちは寄り添い合っているんだと、惨めで情けなくて悔しくて、でも自分を責めて、プライドもズタズタで、それを伝える事も惨めで。
やり場のない怒り、向き合わない夫、ずっと濁され、スルーされ、背中を向けられる虚しさと許せなさ。
だけど、それが自分にも責任があることを嫌でも見せつけられる苦しさ。

その苦しみの真っ只中のどこかで、夫は女を抱いている。

家族の前では泣くことが出来ず、でも涙が溢れてくる。
背中で隠してキッチンで、野菜を切りながら泣いてます。
トイレでも、布団の中でも、お風呂でも、涙が流れてなくても。

あなたの食べている夕食には、奥様の涙が入っています。

あなたが見ている奥様は、よく見てみると今にも崩れる寸前ではないですか?



不倫相手の独身女性の気持ちを書かせて下さい。


あなたがどれだけ好きだ言っても、
妻を悪くを言っても、褒めても、会っても、抱いても、いつも不安にかられます。
いつも『誰よりも大切』にはなれないんだという劣等感があります。


自分はずっと選ばれない人間、という感覚です。


不倫関係の中だけに留まらず、仕事や、他の人間関係にも大きく影響します。
『結局私は……』が、日常まで侵食してゆきます。

いつも気後れしていて、いつもやりたい様に出来ず、自分はきっと幸せになれない人間なんだ……と自分を自分で否定してゆきます。


彼女からみて、あなたと奥様は『二人』です。あなたが何を言ってもしても、あなたと奥様が二人。自分は一人。
堂々と優先順位の第一位にはなれない。
なってはいけないというレッテルも張られている。


私が電話をできなくて、メールを我慢して、寂しくて、苦しくて、週末に家で一人で泣いている時、あの人は家族と過ごして笑っているのか。妻とはもう冷めてると言いつつ、本当はセックスをしているんじゃないか、私を大事だと言いながら、都合の良い女だと思っているんじゃないか、ずっとこのままで年をとったらどうしよう。抜け出せないまま、あの人だけがバランス良くやっていくのか。私はそれに耐えられるか。でも疑っちゃいけない。例えそうでも、文句は言えない。だって私は『不倫相手』だから。


猜疑心が強くなります。卑屈になります。
そんな自分が嫌になります。
なんの正当性も自分にはないから、余計に汚くて情けなくて、どうしようもない気持ちになります。
でもあなたの前では強く出れない、言い分をいえない自分が惨めになります。
もう、自分は幸せになれないんだ、なっちゃいけない人間なんだと未来への気力が湧いてこなくなります。

自分はセックスだけの対象なんだと感じる事って、言い様の無い虚しさです。空っぽの、文字通り穴の扱いな気がして。

あなたが現実逃避をしている彼女は、突き付けられる現実に苦しんでいます。


妻、彼女、両方に言える事ですが、『待っている』時間って、本っっっっっ当に辛くて長いです。


彼女達には彼女達の、元々の心の問題もあるのでしょう。
あなたにはあなたの、主張や苦しさもあるのでしょう。
そして責任は、三者三様、それぞれにあると思います。


ちょっとぶっ飛んだ話になるかもしれませんが、本当に両方を大事に出来て、尊重できて、それが相手に伝わっていて、どちらとも穏やかで、お互いがお互いの為に、それぞれ心を許し合っていて、上の様な気持ちになっている人がいないなら、不倫ってしても良いと思うんです。


けれど、もしそうではないのなら、見てみぬフリをしていたりしませんか?


あなただけが悪い、妻とは別れるな、彼女とは別れろ、誰も傷つけるな、結婚しているんだから我慢しろ、なんて言うつもりは全くありません。

不倫に至るまでの夫婦関係もお互い様で、不倫を始めた彼女との関係もお互い様で、フェアなはずですから。


けれど、どっちも苦しんでいるのをわかっているのに、自分はドロドロには足を入れないようにはしていませんか?

話をしたい妻から、引き止めたい彼女から、
うざったい、疲れてる、いい加減にしてくれって、自分だけが被害者の様に振る舞っていませんか?


あなたの言い分もハッキリ言っていいと思うんです。
あなただけが全て悪者って事は、なかなかないと思うんです。


家族と向き合わずに始まってしまった不倫だとしたら、まず向き合う事が、大事なのではないでしょうか。


恋に落ちてしまって始まった不倫なら、彼女の苦しみが手に取る様にわかる様になってしまったら、お互いの出来る事と出来ない事をさらけ出し、これからの方向性を見出してあげる事はできないでしょうか。


そこにあなたの本音や願いも十分に考慮して。
相手の本音や願いにも耳を傾けて。


ここに書いた様な関係になってから、何かによって誰かによって、自然と穏やかに解決してゆく事は、なかなか難しいと思います。


なるべく罵り合わず、傷つけ合わず、『なぜ相手はそうするのか』『なぜこんな風になってしまったのか』『どうすれば良くなってゆくのか』
それがどんな結果だとしても、全員が『再スタート』を出来る場所に辿り着つけるようになればいいですね。


そして、罵りあったとしても、傷つけあったとしても、自分だけは他人事の様に………は、どの立場の場合も、よく考えていただけたらなぁと思います。

読んでいただいた皆様、ありがとうございました。