ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

『今』『この瞬間』どこを向くか。

『今を生きる』
よく聞く言葉だと思います。

これまで、誰かの話の内容に納得が出来ても、実感がまるで伴いませんでした。


辛い事もたくさんあったし、それでもここまで生きてこれた事の、感謝はある。すごくある。

限りある命だから、今この瞬間を大事に。

ごもっともだけれど、それが自分の心の内側から、感情として沸き上がってきた実感は一度もありませんでした。


本当に、降って来るように感じる事が出来たのは、少し前の事です。


本当に突然、晴天の霹靂のように、今の生活がひっくり返る出来事がありました。
住む所も、お金も、家族も、時間も、今の自分を保っている全てを、諦めなくてはいけない。
私の知らない所でそう決まっていました。
そんな状況に、笑っちゃうくらい突然になりました。


主人がW不倫の相手と別れ、自分からカミングアウトしてきたその後半年ほどして、不倫相手とやり直して結婚して、助けてやりたいから、離婚してほしい。

もう、二人の間でそういう話になっている。

そんな2回目のカミングアウトでした。

その時の心情や状況は、また機会があれば書きたいと思ってますが、私は『いつもあるもの』『普通に繰り返される事』を失う事になりました。


怒りは湧いてこなくて。
どうしてこうなったのかも理解出来ていて、
これがお互いの本当の幸せに向かう自然な形なんだろうとも思えた。
でもただ、こうなってしまった事が少し悲しかった。
子供達の事もありますしね。
私は笑えたし、前向きな気持ちになれたけど、たくさんの寂しさが心に広がっていました。
それでも、これがなるべくしてなった事だから、進もうと思いました。


当たり前の様に次の日はやってきて、用事をこなす中で私は人と笑い合ったり、冗談を言ったり、今までと変わらなかった事を今まで通りに過ごしながら『こんな風に過ごす事も、もう無くなるんだな』と頭をよぎりました。


『当たり前だった事って、本当に突然、当たり前ではなくなるんだな』
『それが誰かの意思で、突然やって来てしまう事が、現実に起こるものなんだな』
そんな風に感じました。


少し泣きそうになりながらの帰り道、急に
『ああ、これが今を生きる、今この瞬間を大事にって事なのかもしれない』と実感として湧き上がってきました。


もう少ししたら、今の私をとりまく環境は一変するだろう。
流れにどれだけ逆らっても、それは止められないだろう。

だけど『今、この瞬間』、私は当たり前だった毎日を大事に思えて、それがありがたいと思えて、この瞬間に笑う事が出来ている。

怖いけど、不安だけれど、それに溺れずに、それでも幸せになろうと思えている。
それは気づいていないだけで虚勢なのかもしれないけれど。

今まで、良し悪しに関わらず、起こる出来事に感謝をする気持ちは持てるようになってきていたけど、
何も起こっていないように見えるこの日常を、今この瞬間の自分を保っている状況を、ありがたいと感じられていなかった事に気づきました。

この事に気づけた事が、嬉しかった。
ありがたいなぁ、と感じる事が出来ました。


悲しい事が起こっている。
これからの事を考えると、不安で怖くて仕方ない。
けれど『たった今』『この一瞬』は、まだ何も変わらず平和だし、ご飯も食べれてるし、穏やかに眠る事も出来る。


起こる予定だけど、まだ起こってないこれからより、
まだ強く痛みが消えず、まるで昨日のように思い出せる過去より、
辛い中でも苦しい中でも、たった今、この一瞬の事を考える。


今、この瞬間に、何を思うかを決める。


ただ、それに気づけても、不安や怖さが消えるわけではなくて。
先の事を考え出すと、もうそれが始まってしまってるかのように想像が広がり、苦しんでる自分になる事もあったけれど、
『ああ、違う。今、私はまだここにいる』
『今、この時は、前向きでいられている』


この一瞬に、どちらを向くかを自分で決める。明るい方を見ると決めるか、暗い方を見ると決めるか。
その瞬間瞬間の選択で、未来が成り立っていくものなら、私は自分から暗い未来を積み重ねたりしない。

毎瞬毎瞬が二手の分かれ道で、光と闇に分かれている。
私は毎瞬毎瞬、明るい方の道を選ぶと決める。
具体的になんて考えられなくてもいい。
理由なんかみつからなくてもいい。
今この瞬間に、明るい気持ちでいる事を選ぶ。
怖くて不安なら、怖くて不安でも明るい方を選ぶ、と決める。


強引かもしれないけれど、そうやって暗く沈みそうな気持ちを、なんとかなんとか保っていきました。


未来は自分で変えられるって、きっとこういう事だと、自分で勝手に決めながら。


不安が出てくる度に、怖さに負けそうになる度に、1回1回、確認をしながら。


怖い、苦しい、悲しい。それは間違いなくある。でも、少し笑える。少しだけでも笑うと決める。
明るい選択をずっとし続けているから、状況は変えられなくても、このまま全てが変わっていっても、私は明るい方を向く選択を繰り返していけると、信じる。


どの状況でも、明るさを探せるようにしていこう。


実家も誰も頼る事が出来なかったあの状態で、そう考えられる自分に、今までの『自分を認める』『自分を受け入れる』だけじゃなくて
『この考え方の自分は、とても好きだな』と思えました。


これが私の感じた『今を生きる』です。


そして今、私と主人は夫婦として続いています。とても明るく、楽しく、子供達とも仲良く過ごしています。


さっきも書きましたが、これは本当に色んな事が複雑に絡み合っての事なので、またうまくまとまったら、何回かに分けて書かせて下さい。


賛否両論、人それぞれの感じ方はあると思いますが、私はこの感じ方、考え方が出来て、また随分、物事の見方が変わった気がします。


皆さんは、どんな風に『今、この瞬間』を感じて、選択していきますか?


今日も長い文章、私の個人的な感じ方、経験を、ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。