ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

『幸せになる』と決める勇気。

こんにちは。
今日もフラリ気ままに、読んでいって下さいね(^_^)/

えっとですね、以前、よく襲われてた感情なんですが…

誰かの生きる姿勢に胸を打たれた時、
誰かの揺るがない信念を感じた時、
誰かが真っ直ぐを見据える眼差しを見た時、
誰がが過去を悔やまない姿を見た時、


その言葉を聞いて、文章をよんで、同じ様に思えない自分がひどく情けなくちっぽけに、空っぽにゴミのように思う時がありました。
普段はうまーく隠している劣等感をさらけ出されるような。
胸が締め付けられてたまらなかった。


その誰かと同じ様に世界を感じられない事とか、その誰かと同じ様に人を見れない事とか、その誰かと同じ様に自分を信じられない事とか、もう、苦しくて苦しくて。


書きながら思ったけれど、その人達はみんな、もれなく輝いてみえていました。
私は羨ましくてたまらなかった。


洋服を買っても、美容院に行っても、欲しいものを手に入れても、私が持つとなぜこんなにも色褪せてしまうのか。

あの人達は何をやっても、なぜあんなにも幸せそうなのか。


努力をすれば変われるのか。
だけど、その熱量はどこから来るのか。
どうして私は、変わりたいのにその熱量が湧き上がってこないのか。
そして瞬間的に湧き上がっても、なぜすぐに諦めてしまうのか。


疑問だらけでした。誰に聞くことも言う事も出来なかった。甘えた考えだと、見透かされそうで怖くて。
誰かに聞ける人も言える人もいないと思っていました。


そうやって、子供の頃からずっと自問自答してきたんです。
もちろん、子供の頃は漠然と感じていただけですが。


それでね、何年も何年も長い間繰り返して、抜け出せない自分にどんどん嫌気がさしていって。
いつまで悩めば答えが出るんだろうって、ふと思ったんです。
いつまでも悩んでたら、答えなんて出ないんじゃないかって思ったんです。


もしかして、先に決めて、そこに向かってくしかないんじゃないかな…?と思い始めて。


何を決めて、どこに向かっていけばいいのかな…と考え始めて。


じゃあ、私はどうなりたいんだろうって考えてハッとしました。

頭の中でハッキリ考えてしまう事すら抵抗があった。

『し、幸せ…に…な、なりたい…???』


『幸せになりたい』…のか、私…!!


けっこうな衝撃がありました。
『ああ、ここから抜け出したいって、幸せになりたいってことなのね!!!』って、一見わかりきった事に目から鱗が落ちる気持ちでした。


じゃあ、幸せになるには、どうしたらいいのか…
何を持っても買っても手に入れても、きっと私はまた沈んだ気持ちになるんだろう。


自分を好きになるしか、きっと解決できない。

結局ここなのね………と。


自分を好きになる。自分を褒めてあげる。
自分を認めてあげる。自分を受け入れてあげる。


多分、このブログを読んでくれている方はわかると思いますが、
これ、けっっっっっっこう、難しいですよね。

自己嫌悪が強くて、なんとかしたい!って思ってる方は、『自分を愛する』ってよく聞くと思うんです。
それはきっと、みんな知識としては知ってるし、それが出来れば抜け出せる事はみんなわかってる。


でも私は何度も試そうとしましたが、すぐに疑問が湧くんです。

『私、こんな奴なのに?』
『何ももってないのに?』
『何も出来てないのに?』


『ほんとにそんな事思っていいの???』
『だって、私だよ……???』


ここからがまた長い自問自答です。
私は、自分を好きになると決めるのが怖かったんです。
やってみて続かないんじゃない。
やってみる事すら怖かった。
その領域に、足を踏み入れるのが、怖ろしくて仕方なかった。


始まってしまったら、戻れない気がしていました。
間違いなく、これまでにない心の葛藤が始まって、ズタズタのボロボロになるんだろうなって、何となくだけど感じてた。
だから、始める勇気を出せなかった。


そうやって考える日々の中で、また人と関わって勝手に傷ついて。
自分なりに処理をしていって。


少し自分を保てる気がしてきた時、大きなね、私にとって傷つく出来事があったんです。
うまく自分と向き合えない中でも、なんとかしたいと思っている自分を、全否定された様な一言があったんです。


そこでまた、なぜこんな風になってしまうのかと考えながら、もうこんなループは嫌だと強く強く思って。


嫌になるのも嫌になったんです。


らちが明かないなって。
やるしかないんだなって。
これを越えなきゃ、ずっとこの苦しみが続くんだなって、実感しました。


今でも鮮明に覚えています。

すっごい自分の内側が震えてる感覚になりながら、何かが噴き出す直前の、危うさの塊みたいな、でもすごく強いエネルギーみたいなものを感じながら、はっきり、ゆっくり、今までになく強い感情で、私は私に宣言しました。


『絶っ対に幸せになる』

『絶っ対に自分を好きになる』


これだけは忘れるな、絶対に絶対に、絶対に叶える。



長くなりましたが、ここから私の戦いが始まりました。この時を待っていたかの様に、物事が動き出しました。全てが変わってゆきました。
それはまた、書いていけたらと思います。


何が言いたかったかといいますと、
全部を揃えてから足を踏み出す事は出来ないって事です。
問題を全てクリアしてからスタートをきる事は出来ないんじゃないかな、と思います。

完璧な人間になってから自分を認めるのは、
おそらく不可能なんじゃないでしょうか。


決断って、勇気がいります。勇気の出てくるタイミングも、それぞれだと思います。
私から出たのが勇気かどうかすら、私にもわかりません。
だけど私は、以前とほぼ変わっていない自分が、今は大切です。

スイッチみたいにカチッとオンになる時がある。

いつかはわからないけど、それは『自分が嫌いでどうしよう』と考える気持ちから『自分を好きになる』事を、自分にも起こせる事だと考える所から始まるのではないかな、と思いました。

私の主観がたくさんたくさん混ざってます。
読んでいただいて、色んな感情で、色んな事を思い、その中でこんな文章も書いてあったな、と思ってもらえたら幸いです。


読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。