ゆめであえたら。

なんだかんだで、なるようになってる。

あの人が私だったら。

もしもあの人が私だったら
この悩みではくじけないだろう


もしもあの人が私だったら
まだ諦めないだろう


もしもあの人が私だったら
傷だらけでも進むだろう


もしもあの人が私だったら
くじける自分も受け入れるだろう


もしもあの人が私だったら
私でもあの人になれるだろう


それが違うだけ
他は何も変わらない


どこを目指すか
何を求めるか


その違いだけ
勝ち負けなんてない


それでも嫌ならやるしかないよ


悩んで迷ったあの人みたいに
傷痕だらけのあの人みたいに
向き合い続けたあの人みたいに



前に、少しだけ、恐る恐るやっていたブログで載っけた文章です。

ものすごく強いなぁと感じる人がいます。
ものすごく人の痛みや傷がわかる人だなぁと感じる人がいます。
知識や想像だけで人の気持ちを汲み取っているだけではないと、感じた人がいます。


以前の私は『あの人みたいだったら』『あの人みたいにあれがあったら…この人みたいにこれがあったら…』と思っていました。


それでもやっていくしかない、と自分に言い聞かせるけど、人との違いが悲しかった。


頭の片隅でずっと『そうなれる人』と『そうなれない人』がいると思っていました。


そんなのは言い訳だ!頑張りが足りない!卑屈になるな!って、いつも自分で自分を責めながら、四六時中、脳内大口論でした。


なんでこの人は、こんなに人の暗い部分がわかるんだろう。
なんでこの人は『そうなれる人』なのに、『そうなれない人』みたいな気持ちで話せるんだろう。


色々考えたけど、どうしても腑に落ちませんでした。


わけがわからなくて。


生まれ持った強さなら、
『そうなれる人』にしか感じないはずだ。

劣等感の塊からの反骨心なら、
『そうなれない人』にしか感じないはずだ。


でも私には『そうなれない人』と同じ感覚に見える。
でもこの人は『そうなれる人』だ。


なんでだろう、なんでだろうって、ずっと考えました。


全てを持っている様に見える。
人にはないものを持っている様に見える。
だけど心の奥底を知っている様に見える。
みんな持ってて、離せない痛みを知っている様に見える。


…………!!!
もしかして…この人も『そうなれない人』なのかな…?


いや、でも『そうなれない人』がなんで『そうなれる人』になっているんだろう。
変われる方法があるなら、みんな見つけているはずだ。
容姿や環境の違いだけが、変われる理由じゃないはずだ。
何かで『そうなれない人』から『そうなれる人』になれるんだろうか。
もしかしたら『そうなれる人』も『そうなれない人』もはじめから決まってなんかいないのか。
この人と私の違いはなんだろう。
この人を、ここまで強くしたのはなんだろう。


考えて考えて、疑って疑って、これしかないだろうなって思いました。


どんな時でも、どんな心境でも、疑いたくなっても、誰も信じてくれなくても


『決心』『自分を信じる強さ』の違い。


あの人だから、じゃない。
私だから、じゃない。


やっぱりそこに行き着くのか………
やっぱりやるしかないのか………


1歩1歩、ほんの少しずつ少しずつ。
一足飛びにはいかない。
焦りながら不安になりながら、行くしかない。やるしかない。
だけどその1歩がどれだけ険しくて難しいか、私はもう知っている。


淡い期待が破れて、ちょっとの間、途方に暮れてしまいました。
なんだよって。それってやっぱり『そうなれる人』と『そうなれない人』なんじゃないかって。


だけど希望みたいなものも出てきて。


もし、その一歩を踏み出せたら。
怖くて苦しくてガクガクブルブル震えながらでも、涙も鼻水も汗も垂れ流しながらでも、
飛び込む様にでもギュッと目をつぶりながらでも、恐る恐る、やっとの決心でその一歩を踏み出せたら、1歩だけでも踏み出せたら、変われるという事にならないか。


どんなに怯えながらでも、それが出来たなら、
こんな人だったとしても、そんな人だったとしても、こんな私でもあの人になれるんだろう。
どんな人でも、あんな人にでもなれるんだろう。



『勇気』


その言葉が1番合っている気がしました。

その人の生きてきた姿で、少し勇気をもらった気がしました。
勇気を出す勇気を。
借りただけかもしれないけれど。
今の私には残っているのかはわからないけど。


生き様。

泥まみれでも恥をさらしても、その生き方を見た人が、想像した人が、自分も変わりたいと思える。変われるんじゃないかと思える。
なんて格好いいんだろうと、強く強く胸を打たれました。


みなさんは何を感じ、何を思いましたか?


読んでいただいて、ありがとうございました。